2019年1月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    

日頃大変よくお世話になっているサイト様&ブログパーツ

  • ※サイト版です。

  • 本気になったら!
  • 地方競馬の情報なら、ココ! バナー
サイト内検索
ココログ最強検索 by 暴想

最近のトラックバック

無料ブログはココログ

スポーツ

2011年3月27日 (日)

ヴィクトワールピサ、世界制覇!

本日の本題に入る前に、こちらの話題を。

ヴィクトワールピサ、やってくれましたね!ドバイワールドカップ制覇っ!

関係者の皆様、ファンの皆様、おめでとうございます!

しかも、ダートG1を連勝してここに挑んだトランセンドが1/2馬身差の2着で、

日本勢のワンツーフィニッシュ!

(個人的には、ブエナビスタに一番期待していたのですが…)

日本競馬のチカラを見せてくださり、ありがとうございますm(__)m

(ヴィクトの父ネオユニヴァースの父は、ステイと同じサンデーサイレンスというのも嬉しいですね。)

近年の世界の競馬は、

アメリカのブリーダーズカップ・ワールド・サラブレッド・チャンピオンシップ(BC)→香港国際競走

というローテのほうが主流になってきてしまっている感じで、

その間に日本で開催されるJCやJCダートは、海外の強豪勢からややスルーされがちになっているような気がしていたので、

今回の日本馬によるワンツーで、今まで以上に、日本のG1を狙いに来る価値が上がったのではないでしょうか。

それにしても、ヴィクトは日本の芝G1・2勝馬、トランセンドは日本のダートG1・2勝馬。

この2頭が直線で覇を競っての叩き合いですから、

オールウェザー(ドバイの場合はタペタ)という馬場は適性がわからないですね…